2005年09月22日

ピータン旅に出るの巻

yashi

先日友達の結婚式で、埼玉に帰ってたんですけどね、
その友達から、株分けしたからと、テーブルヤシを貰ってきたのよ。
ハイドロカルチャーなので、水やりも楽だよ〜って言われてね。
で、さっそくお昼寝黒ヒョウを配置して、眺めてるわけです・・・、

・・・・ん?羽毛??

小さな小さな羽毛がヤシの葉にひっかかってるよ〜。

その友達、セキセイインコのピータンを飼ってたんだけど、
これがほぼ放し飼い。
泊まりに行った当日、みろが着ていたキャミソールの背中にビーズが一杯ついてて
それがキラキラしてたもんだから、ピータン興奮でやたらに止まってくるの!

あたくし、犬猫は大好きだけど、小動物を触るのは若干苦手。
昔ペットコーナーに居た、ジャンガリアンハムスターを自ら手に乗せたくせに、
ギャッ!と叩き落した経緯があるのよ(笑)
鳥も、モチーフとしてアクセサリーや小物になってたり、
見たり食べたり(鶏)は好きだけど、
実際触ったりは結構苦手。
だから、ピータンに対しては、憎憎しい気持ちでおりましたの。

でも、大阪の部屋にこうしてピータンの羽があった事が
ちょっぷり微笑ましくて、離れていると可愛いなぁと思ったり。

で、友達にメールしましたら
「私がおうち帰るまでには、大阪から戻ってきてるらしいよ〜」と一言。
いやぁ、ちょっと笑っちゃったよ(笑)

そして本日のピータンはと言えば・・・、
自ら熱々うどんに突っ込んで行き、
相当熱がっていたらしい。
うーん、鳥って頭悪いなぁ・・・(笑)
posted by みろ at 00:47| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中華料理のピータンってあるぢゃん?
あれの卵なの?
ピータンって卵の調理法(腐らせる)かと思っていたわ!
Posted by ひばり at 2005年09月26日 01:11
>ひばりっち
中華のピータンは、アヒルの卵の燻製だわよ。
調理法ではなく、アヒルの卵の燻製を指す言い方だと思うわ。
正直まずいっ!としか思えないわ。
大の苦手。
ちなみにインコのピータン、ピータンは名前です(笑)
食ったりしねーだよ。
Posted by みろ at 2005年09月27日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。